合格者の声

「 CPでの学びは一生の宝 –体系的理解のプロセスを習得 」

比嘉 展玖 さん 錦城高校卒

私は小論文、国語、英語を受講していた。浪人してCPに通い始め、それまでの暗記中心の勉強が自分の頭で考えて理解する勉強に変わった。その一番の理由は、小論文の授業だと思う。書くことは考えることだ。書くためには正確な知識の習得が必要であり、またそれを運用するための体系的な理解も必要である。そして書くこと、他者に自分の意見を伝えることで、自らの考えはより深いものになる。小論の授業では、様々なトピックについての文章を書いた。分野に囚われない広い知識体系を基盤にして、多様な思考の展開を試みる。決して小手先のテクニックなどを用いず、どんな問いが来ても自らの知識と思考から、独創的かつ論理的で説得力のある文章を書き上げる。書くことを学ぶことは、小論だけではなく全ての科目で、物事を体系的に理解し整理するプロセスを身につけることに役立つ。全ての学問に通じる基盤を固めることで、安定した学力の伸張を実現できるはずだ。そして学問をすることの喜びを知れるはずである。CPで学んだことは私の一生ものの宝である。

合格大学

筑波(人文)、慶應(文)・(総)、早稲田(文構)、明治(経営)、
青学(経営)、学習院(経営)、成蹊(経済CE)特待生

「 的確なアドバイスをくれるパートナー 」

池上 慶太 さん 東京学芸大学附属高校大泉校舎卒

一浪をきっかけに、春から小論文を始めた。その後、夏から英語を、直前になって現古を受講した。各科目に十分な時間を割けなかった点で、決して理想的なスタートではなかったと思う。それでも私が第一志望のSFCに入ることができたのは、CPのおかげだったと確信している。CPと他の予備校の違いは、一人一人の特性を見抜いてその特性に応じた丁寧で熱心な指導をしてくれるところだ。単に「授業がいい」という次元ではなく、ある意味でとても信頼できるパートナーだという点が特徴だ。もちろん受験は自分でやらなければ何も始まらない。だが、授業後に将来の方向について熱心に耳を傾けてくれるなど、受験だけに留まらない的確なアドバイスをくれるパートナーがいてくれたことは、受験生活の中で大きな支えとなった。1年間CPで学んだこと、それは「単なる合格」だけではなく、「言葉一つに至るまでじっくり考える」ということだ。そしてそれが、私の大学生活での、「何事についても深く考える」姿勢をつくったといえる。

合格大学

慶応(環境情報)、東海(海洋)、武蔵工(環境情報)

「 生徒と講師の信頼によって成り立つ学び舎 」

石畠 正啓 さん 桐蔭学園高校卒

私の第一志望の大学は、慶應義塾大学SFCキャンパスだった。高校2年1学期時点の偏差値は50あるかどうかだったが、三原先生はこの無謀とも言える私の挑戦を応援してくれた。私自身、必死に勉強をしたが、現役での結果は不合格だった。当時私は、現役で受かった大学に入学しようとしていた。両親はあと1年浪人をしてもよいと言ってくれたが、慶應に入りたいという気持ちよりも、受験から逃げたいという気持ちの方が強かった。しかし先生はこの私の心の弱さを察し理解した上で、「折角こんなに頑張ったのにここで諦めてしまうのか。諦めたらこれまでの時間と努力は無になってしまう」と激励してくれた。その言葉に私は感銘を受け、浪人を決め、自分自身を徹底的に見つめ直した。だれにでも向けるいつもの激励だったのかもしれない。しかし、私は先生を心の底から信頼し、また先生も私を一人の人間として認め、私ならば慶應に入学できると信じてくださっているのが分かった。この信頼関係が構築されていたからこそ、今の「私」がある。私は現在、学生生活を終え、社会人として歩み始めた。だが先生との接点は消えていない。先生は、学生生活においても、大学のゼミ選択や将来の進路など受験後の様々な悩みも解決してくださった。これほど個人に徹底して寄り添ってくださる教育機関はそうそう簡単に見つかるものではない。先生と高校時代に出会え、ともに勉学ができたことに、私は今も深く感謝している。ありがとうございました。

合格大学

慶應(環境)、日本(商)、國學院(経済)

SBIホールディングス入社